2017年3月19日日曜日

本島マイペースマラソン

今日も良い天気で暖かいです。

第35回のマイペースマラソンが行われました。

過疎の島で、よく35回も続いたとおもいます。

島民と職員の方がたのボランティアです。

80,90歳の高齢者も参加しています。

島、最大のイベントで、春の訪れを感じます。

今年の大会は、過去最多の参加者数です。

私は走れませんが(走る人の気持ちがわからない)

すごいですね。


              走る前のうどん一杯


 
 
 
会長の挨拶

 
 
 
梶市長の挨拶も

 
 
 
 
伝書鳩


 
 
 
スタート前の
 
リラックスタイム

 
 
 
 
市長の号砲で
 
スタートです

 
 
 
コースは
 
A,B,C の
 
3コース
 
Aコースは14.4キロ
 
ほぼ海沿いの県道です
 
景観は最高
 
所々、坂道ありです
 
(実は恐怖の登り坂あり)
 
これが病みつきでリピーターが
 
多いとか(本当です)
 
 

 
 
 
 
中学校の校門を
 
ぞくぞくと走り出しました
 
わたしは急いで自分の持ち場に
 
急行して待機しました
 
 





2017年3月16日木曜日

久し振りの小阪山

今日は朝から良い天気で

8時30分から部落の墓そうじでした。

7名での作業でしたが、いまの時期は

草もほとんど生えてなく、楽な墓そうじでした。

その後、マイペースマラソンのノボリを立て

昼から、一年ぶりに小阪山(203メートル)へ登りました。

何時ものように

あちこちに茨のツルがあって、これを鎌で

切りながらの登山でした。天気もよく気持ち良く

登ることができました。頂上からの眺めは

さすがに最高でした。ワラビとタラの芽も期待したのですが

まだ早かったようです。

登りは1時間半でしたが、下りは30分ほどでした。


 
 
 
 
頂上からの
 
絶景
 
瀬戸大橋

 
 
 
 
 
伝書鳩が15羽ほど下から
 
舞いあがってきました
 
何度か旋回していました
 
 



2017年3月13日月曜日

12年に一度の涅槃会

昨日は旧2月15日で

涅槃会(常楽会)でした。

わが島は狭い面積に24ヶ寺(江戸時代)が

あったそうで、廻船業で非常に繁栄していたようです。

それも、すこしづつ衰退し、それに伴って

寺院も廃寺が多くなり半分ほどになってしまいました。

住職のいる寺はわずか4ケ寺のみです。

何時の頃か分かりませんが、12ケ寺になったときに

順番に涅槃会を執り行うようになったと聞きました。

というわけで昨日、わが部落の寺で行われました。

常住人口5名ですが島外の部落出身者の方が

25名ほど帰島して参加され、賑やかでした。

僧侶も他の寺からもきてもらい、4人での

ありがたい読経でした。

実は、私は生涯2度目でした。60年まえの

小学生のときが一度目でおぼろげながら記憶があります。

それからは、島外に出ていたために経験がありません

でした。

神妙にすべてが終わって、乾杯のあと、折を

食べながら、なつかしい顔と、なつかしい話を

しながら酒をかわしました。いつまでも話していたい

思いでしたが、すぐに帰らないといけない人も

多く、1時間ほどで、お開きとなりました。

つぎの涅槃会は12年後、さて、

生きているかどうか。それどころか

部落が存続しているかどうかな

みんな・・・・・帰ってきてください!!




 
 
 
 
 
寺への登り道も
 
出来ました








2017年2月26日日曜日

何故か!!!優勝しました~~~

まだまだ空気は冷たいんですが
 
いい天気でした。

今の季節は、竹や木を切ったりの作業が

続きます。

来週にはジャガイモの植え付けで

農作業が始まります。といっても

家庭菜園と一緒ですが。




島では、運動会のほか、ソフトボール、マラソンなどの

スポーツ大会が行われますが、ペタンクも

その一つです。高齢者もできる手軽なスポーツでも

あります。

今日、日曜日に行われました。

一年ぶりに参加しました。

チーム3人で6チームの戦いで、総当たりです。


全員練習もせず、ぶっつけ本番でした。

しかし


何故か、全勝での優勝でした。3人とも男性だった

からでしょうか。とりあえず、良かった。

パンとお茶を貰って、帰りました。



ヤギが逃亡して、ちょっと心配です。イノシシも

捕まらないし。

 
 
赤青、どちらがピンボールに
近いか、全員で確認

 
 
我がチーム(一番下)
 
5連勝で優勝です

 
 
また脱走ぐせが



2017年2月6日月曜日

とうとう・・・・・つぶれました!!

昨夜から風が強く寒いです。波も高く

外へ出たくない気分です。



昨年末、

部落にある北観音堂が、

とうとう、つぶれました。

瓦が落ちて危険なので

4日に全部落としました。

ご先祖様には申し訳ないのですが

とても再建出来そうもないので

このまま、放置するしかないでしょうね。

寺も神社も老朽化する一方で、過疎の部落では

どうしようもない現実です。たぶん、日本中の

地方で直面している、頭の痛い問題です。

住職さんも、神主さんも問題解決の方法を

決して教えてはくれません。  あ~~~あ      ですね???




             北観音堂 正面

             瓦をすべて落としました


 
 
 
横から見ると
 
一面が完全に崩壊
 
しています


 
 
 
さすが塩飽大工の聖地
 
こんな小さい観音堂にも
 
りっぱな彫刻が

 
 
 
 
御堂の中は
 
こんな感じ
 
仏さん達は引っ越しです

2017年1月26日木曜日

疲れます

年末年始は良い天気で暖かい

日が続きましたが、このところ寒い日がつづき

年寄りには体に応えます。島は特に風も強く

外に出るのは辛い毎日です。

丸亀に渡るには波が高く、決死の覚悟です。

ちょっとオーバーですが。

昨秋、70歳になりました。  5人兄弟の一番下ですが

幸いに全員、生存しています。しかし何時どうなるか分からないので

今年は、離れていて、滅多に合わない兄弟、親戚を訪ねようと

思っています。




さて、超過疎地の我が部落の神社。

境内の樹木が社殿を覆い、ほっておくと

枝が屋根等に当たってしまうので

伸びてきた枝を毎年、切っています。しかし

だんだん、木が高くなっていくので、高所恐怖症の

私としては足が震えて、一苦労です。

まあ私一人なので仕方の無い事ですが。

ご先祖様も、こんな状況になるとは、思っていなかった

のでは。

他の部落では境内の木は全部、切り倒している所も

多くあります。味気ない限りですが。高齢化で落ち葉の

掃除も大変ですので。

しかし、我が神社の木を全部切るのは、何百万円要るか

わかりません。考えるだけで頭が痛くなります。




2016年12月6日火曜日

本島の新住人???・・・怖い!!

12月に入ってしまいました。

また、新しい年が来ます。

そして・・・・残りの人生が、また少なくなってきました。




本島は瀬戸芸も終わり、元の静かな過疎の島に

なってしまいました。


先日は同窓会があったのですが

用事があって出席出来ず、残念でした。

十数人集まったそうです。来年は必ず出席したいですね。


今、悩んでいます 。   部落の神社が古く(江戸時代の建立)

大きく後ろに傾いています。「つっぱり」で支えていますが

其の内、倒壊するのは時間の問題でしょう。

本殿の彫刻はすばらしく、市内でも一、二を競うものだと

自負しています。塩飽大工の彫刻を代表するものと思っています。

しかし、超過疎地で氏子もごくわずかで、とても修理代を

集めるのは無理かと思います。ある人は、市の文化財に指定して

貰ったら?と言いますが、それも、今の市の方向性をみると

可能性ゼロのように思われるし、文化財に指定されても

その後が大変という話も聞くし・・・・・・。倒れるのを待つだけか・・・・。


話は変わりますが

本島で新住人が・・・・・・・・・

10年来、ヌートリアの増殖に悩まされていますが

先日来、大変なことが起こりました。

イノシシの

目撃が相次いで 大騒ぎです。市では罠をしかけたり

カメラを設置したりで。

今日現在、まだ捕まっていません。ほんとうに怖いことです。

早く捕まらないと、山にも安心して入れません。



             現住人 ヌートリア

               迷惑!!!

 
 
 
 
新住人  イノシシ
 
危険!!