2018年11月16日金曜日

こんな所に、どうして??「ど根性・・・」

朝夕、めっきり冷えるようになってきました。

ちょっと風邪気味です。

このところ行事が続いたせいか、疲れたかな。

年寄りには、ちょっときつかったようです。

今日は島で防災訓練が行われました。

小中学生からお年寄りまで多くの島民が参加しました。

地震の体験車、じんこう呼吸、AED、消火器使用など

いろいろと体験訓練を行い今後の災害に備えました。

最後に非常食を試食して終了、2時間半の訓練でした。


ところで、ちょっと面白いものを見つけました。

集会場の基礎コンクリートの脇からスイカが

伸びてきています。どうして、こんな所から

出てきたのでしょうか?それに、この晩秋の

寒くなる季節に。不思議です。

今日大きさを測ってみると、大きな方は

直径が15センチぐらいありました。このまま大きく

なって、食べれるように育つのか、興味がつきません。

ある人は、もう少し寒くなれば枯れると言いますが

どうでしょうか。見守りたいと思います。

まさに「ど根性スイカ」ですね。




2018年11月5日月曜日

大江戸玉すだれ

毎日、良い天気が続いて気持ちがいいです。

朝夕は少し冷えますが

11月3日4日と島の文化祭が行われました

4,5日準備に追われました。

3日は展示部門で手芸品や写真などが展示されました。

4日は演芸部門が加わり、文化財に指定されている

千歳座で踊りやカラオケが披露されました。

多くの島内外の方が鑑賞し、楽しみました。

今年は、島外から「大江戸玉すだれ」の皆さんを

お迎えして、見事な芸を披露して頂きました。

最高に盛り上がり、大成功で、皆さんに喜ばれました。

島で大きな3大イベントがこれで終わりました。


後は正月を待つのみ




                  千歳座での演技「大江戸玉すだれ」

                    佃川まつ風と讃岐社中の皆さん

2018年10月12日金曜日

アサギマダラが飛来しました

全国、あちらこちらのグループが

活動している、アサギマダラを呼ぶ運動。

わが島でも、過日、アサギマダラの好む

フジバカマの苗を植えて

アサギマダラが飛来するのを待っていました。

今日、畑にいってみると、来てました。

10匹ほどのアサギマダラが飛び回っていました。

ちょっと心配していましたが、ほっとしました。

これから南の方に飛び去っていくのでしょうね。






2018年10月9日火曜日

祭りも終わりました

毎週のように台風が襲来し

強風が吹き荒れましたが

島には大きな影響はありませんでした

そんな中、島の祭りもすべて終わりました

我が部落でも人の少ない中、執り行われました。

祭りが終われば次は、島合同の文化祭です。

展示や演芸など、いろいろ企画準備されているようです。

今年の目玉は「大江戸玉すだれ」で楽しみです。



2018年8月30日木曜日

太神楽が島へ

まだまだ暑い日がつづき 
 
参ります

毎年、この時期、太神楽がやってきます

江戸時代から続いているそうですね。

伊勢から来るのですが5組に分かれて

地方を回っているそうです。

伊勢神宮の「お札」を届けてくれます。

我が家にも神社にもきました。

本島でも3~4日かけてまわります。

なじみの顔ですが、少しづつ若返っているようです。

これで秋が来るはずですが、待ちどおしいですね。






2018年8月15日水曜日

盆踊りIN本島

昨日14日はわが部落の盆踊りでした

盆には部落の人口は10倍に膨れ上がります

帰省者の子供や孫たちで大賑わいになります

もちろん知らない顔も多くいます

朝7時から盆踊りの準備を大人も子供も

わいわい言いながら楽しんでやっています

子供たちも、それで自然と覚えていきます

わが部落の盆踊りの特徴は、自慢でもありますが

圧倒的に見ている人より踊っている人が多いことです

音頭はもちろん生です。太鼓は最近は中学生ぐらいの

こどもです。女の子も。

時間はやはり時代の流れで、7じ

半から2時間です





2018年7月15日日曜日

虫送りIN本島

豪雨の影響で14日に延期になった

伝統の虫送りの行事が行われました。

地味~な行事ですが、江戸時代から

延々、途切れる事無く続いてきたものです。

人は少なくなり、今年は20人ぐらいで、ほとんどが

高齢者ですが、他の部落や島外者も参加OKです。


 
 
 
 
数珠繰りが
終わると、その数珠で
体の痛い所を、さすると
良くなると言われています

 
 
 
部落の周りに虫よけの
竹の棒を立てた後、
砂止め突堤から虫を
載せた
船を沖へ流しました
(60センチぐらい)
 
 
 
 
反対側を見ると
海面一面、ゴミでびっしりです
 
先日の豪雨で岡山の川から
流れてきたと思われます
島の周囲はすべて
こんな状況です。
被害の大きさが分かります
大きな木などもあり
船の航行には細心の
注意が必要です